Once More Please 母を想う…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母を想う…

先日、京都市内で私の姪っ子Tちゃんの結婚式がありました
Tちゃんはとても優しい子で、産婦人科の看護婦さんでした。
ちいさい頃、亀岡に来たときには、よく私の子どもたちと仲良
く遊んでいたものです。
今では花嫁修業も終えてきれいなきれいなお嫁さん!

T-chan

Tちゃんは私の実母と同居で、身体が思うように動かなくなっ
た母と一緒にお風呂に入ってくれたり、寝たきりになってから
は、懸命に介護をしてくれました。
きれいなTちゃんを見ていたら、施設で留守番をしている母が
思い浮かんできて、涙があふれました

「Tちゃん、今までほんとにありがとうね」って言うのが精一
杯でした。今は私の顔もわからなくなってしまった母ですが、
きっと私を育ててきて、「幸せになってね」って思っていたに
違いありません
私がTちゃんを見て、そう思ったように。

 「過(あやま)たじ 汚さじものと
         生みの子を 心にかけて いつくしむ母」

 「むらきもの 心を千々に
     くだきたる 報(むく)いありしと 喜ばせ母を」
 
          大本 出口 王仁三郎 聖師のお歌より

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。