Once More Please 原点 ~レオ飛翔~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原点 ~レオ飛翔~

 レオも結成して、なんだかんだで1年の歳月が経ちました。
タカの声もしっかりと一人前の声になり、近くの喫茶店で
ワンマンライブをしたり、祭りのイベントに呼んでもらったり、
学校内のオリジナルコンテストのようなものがあって、レオ
として2曲作って応募したのが、2曲とも最終選考の8曲の
中に残り、その選考会で歌ったりで、なんやかやと歌う機会
は増えていきました。・・たしか、優勝はできなかったけど、
なんたら賞をもらった記憶があります。

れお004

 そんな私達にある日、京都で以前から有名な老舗のライブ
ハウスと、まだできたばっかりのライブパブの2軒から同時
にオファーがきましたその当時、軽くとんがってた私達は
「老舗なんかに魅力は無いどうせするなら新しいところで
俺達の力を試さへんけ」「そりゃよかばい」ということで
新しくできたばっかりの、三条京阪の駅前にあるその店に、
二人でギターを抱えてオーディションを受けに行きました。
 店の社長や専務を前に3曲ほど歌ったレオは、即その場で
採用が決まり、さっそく今週末から歌ってくれということになった
のであります。

れお003

 週末の土曜日、早めに着いて専務や店長と打ち合わせ・・
7時~8時と9時~10時の2ステージで、ギャラは終わって
から考えるとのこと。とりあえず、7時からの1時間分のステージ
メニューを考えて、いざステージに・・と言っても、店内の真ん中
に、マイクが2本ポンッと立ててあるだけで、ギターのPAとかは
無し・・すでに結構な数の人が入ってる店で、私達に出来る
ことは、とにかく聞いてもらえるようなステージをするだけでした。
1回目も2回目もなんとかこなし、たくさんの拍手をいただけた私達
控室に戻ってホッコリしてるところへ、専務や店長がご機嫌で
入って来られ、手を握りながら「これからもよろしく頼む
と言われ、なおかつ提示していただいたギャランティーは当時の
私達にとっては、驚くくらいの金額でした
 えっ、いくらかって・・ご想像にお任せします

 しかし、これからがレオの本当の戦いでした・・

TO BE CONTINUE                      HIRO
 
スポンサーサイト
コメント

たしかオーディションの時にソロで男性女性一人ずついましたねえかなりの腕前でしたので こりゃ俺らじゃ太刀打ちできへんなあと思ってましたところ なぜか合格したのがレオでした何が良かったのかわかりませんが、ただ元気のいい歌声だったのは間違いありませんよ それだけなのに…
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。