Once More Please 原点

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原点

僕の音楽の原点・・
まだ保育園の頃に、おばあに「上手やわ~」と乗せられ、
いつも親戚の人の前とかで、舟木一夫や美空ひばりの歌を
歌わされていた・・たくさんの人に誉めてもらい、マンザラでもなかった。
小学生の時に、おじいが詩吟のお師匠さんやって、無理矢理に詩吟を
覚えさせられた。記憶は定かでないが、とにかくいろんなところで
うならせられた。大きな会館とかでうなったような・・今のでかい声は、
この時の発声練習のおかげかもやね。
中学生になって、京都から転向してきた友達の家で、生まれて初めて
ギターなるものに遭遇する。その友達と一緒にギターを練習しながら、
フォークソング・・当時は吉田拓郎とかの歌を、「明星」という本についてた
付録の歌本をコタツの上に置き、覚えたてのコードをポロンポロンと
鳴らしながら歌ったものでした。
そして高校生。当時の友達と「空」というグループを結成して、主に「かぐや姫」
の歌を中心に、月に1回クラスメイトなどを前にして教室で発表したり、
学園祭で歌ったりしてた・・思い出しながら書いてても、懐かしいな~
結構もててたはずやで、俺

そしていよいよ大学生・・伝説の(自分らで思い込んでるだけやけどね
レオが結成される

TO BE CONTINUE        Hiro

ところで、「感謝感謝!」の音楽祭の写真やけど、モトヒロオヤジ
の写真は、あえてあのなんとも言えん残念なアングルなん
スポンサーサイト
コメント

No title

この角度に、味があるんですわ・・・・。
「哀愁」っちゅ~んすか。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。