Once More Please アコギについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アコギについて

アコギについて語ってみます。
アコギの両巨頭メーカーと言えば、ギブソンとマーティンですが、
それぞれの特徴を私なりに語ってみたいと思います。

【ギブソン 】
ジャリン、ガリン、パキーンと言う感じで、
何かEキーでブルースなんかを弾きたくなる
ようなサウンドに向いていると思います。

J-45


【マーティン】
シャリーン、チリーン、と鈴鳴りのする
涼しい感じのサウンド。
GやDキーのメジャーキーでさわやかに
弾きたい気分になります。勿論Dシリーズ
の様に低音系の出るギターもありますが、
そんな感じで弾きたくなるギターです。

まーちん

多分、両巨頭のギターの違いは全体の材質
についてはあまり大差はないのですが、ト
ップのスプルース材の厚さの違いと、内部
のブレーシングの違いと思います。そのあ
たりがサウンドの違いとなり音に特徴が出
ているんだなと思います。

以上、ギター弾きの独り事でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。