Once More Please お残しは、ゆるしまへんで~!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お残しは、ゆるしまへんで~!

 おひさしぶ~り~ネ~、あなたに会うなんて~って小柳ルミ子さんのマネをしている場合ではないですよね
ほんとにご無沙汰です。夏かぜをひいてしまいました。でももう大丈夫元気になりました。
みなさんも、お気をつけてくださいネ
さて、今日発行のくすのき瓦版の、トップ記事に「城下町の趣を守る…」の記事がありました。うちのリーダー頑張ってます昔は本町でピンポンダッシュをしたり、かずかずのいたずらをして、悪ガキだった彼がすることとは…とても信じられませんネこれからも、町のために頑張ってください。
 その記事のさらに下には、亀岡保育園の理事長、出口眞人さんが、有難い・もったいないを…の記事を書かれていました。
その中に、「園児が給食の前に三首のお歌を唱和する…」というのがありました。
三首のお歌っていうのは、「天の恩 土の恵に生まれたる 菜の葉一枚 無駄に捨てまじ」
                「一粒の 米の中にも三体の 神いますことを 夢な忘れそ」
                「火のご恩 水のお恵み 土の恩 これが天地の 神のみ姿」です。
少ない言葉中にも、重くて深い意味がこめられています。
私は、以前に園児の話を理事長さんから直にお聞きしました。
園児たちは、このお歌を覚えて唱和するようになってから、残菜が激減したといいます。
すんごいですネ~
私たち大人も見習いたいですね。暑いからって、食欲がないからって、「お残しは、いけまへんで~
しっかり食べて、夏バテしないように、気をつけましょうネ

さとこ


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。