Once More Please 花火のあと・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花火のあと・・

 8月7日亀岡平和祭保津川花火大会が、無事に終わりました。
今年は不況のあおりもあって、予算を集めるのも厳しく、中止に
すべし!・・という声もあったとかなかったとかで、花火大会の開
催そのものが危惧されておりましたが、商工会議所の皆様をは
じめ、観光協会の方などが、なんとか花火を打ち上げるために、
必死に努力されて、今年も立派な花火が亀岡の空を彩ってくれ
ました。本当にありがとうございました。

 空一面の花火を見ておりますと、幼い頃に母に手を引かれて
花火を見たことや、高校生の時に好きだった彼女と見上げてい
たこと、妻や幼い子ども達と一緒に見たこと・・・いろんなことを
思い出してしまいます。花火の上がってるときは、いろんな幻想
や思い出に浸りながら「あ~、今年も花火が見れた」って嬉しく
なってきます。

 ところが、花火のあとのこの街は大変なことになっております。
あちこちいたるところにゴミが散乱し、とても悲惨な街に姿を変え
てしまっています。数年前から、若者達が「ゴミ大使」という名で
ゴミの持ち帰りとかを花火の最中に訴えています。私達が行って
おります「平和音楽祭」の会場でも、自分のゴミはもちろんのこと
、落ちてるゴミを一つでいいから拾ってゴミ箱に捨てて下さい!
と呼びかけています。また花火の翌朝には、大勢の人たちで保
津川会場から駅前周辺の清掃活動がされてます。・・ほんまに、
びっくりする程のゴミの量でっせ!

 ゴミがなくなることは永遠に無いのでしょうか?一人一人が、この
街を美しくしたいと思ってもらえれば、必ず変わると思うのですが・・

 隣の南丹市・八木町の花火大会が14日に開催されます。ゴミを
拾うボランティアに、たくさんの小学生や中学生が参加するそうです。
まず大人として、このような子ども達に拾わせるようなゴミを捨てる
行為を、恥ずかしいことと自覚してください!

 でも、このボランティアに参加してくれる子ども達は、きっとこの先
もゴミをすてるような大人にはならないでしょうね。そんな子ども達が
増えて、そんな想いを受け継いでいけば、きっときれいな街になるこ
とでしょう。

素敵な花火のあとも、素敵な街のままでありたいものです。

                     HIRO


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。