Once More Please 命の大切さ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命の大切さ

 ようやく登場です。「チ~とも書かん!」てあゆみちゃんにいわれてまして、ほんとに久しぶりです夏はなんやかんやと、ほんとに忙しくって…
 さてさて、ワンスの歌には、ラブソングからメッセージソング、応援ソングなどなどいっぱいありますが、私が作る曲にはメッセージソングが多いかな?(って、最近はトンとご無沙汰やないかい!って誰かに怒られそうですが
 音楽って詩があって曲があって、それが聞く人の心に響く!…いやいや届く!…いやいや突き刺さる!
 「人に何かを伝えたい」と思っても、いったいどうすればいいのかわからない、う~んどうしようもない、という人はきっと多いと思います。でも曲にして歌えば伝えられるではないですか!
 先日、臓器移植法A案がびっくりするくらい速く可決されてしまいました。エッ!ウソでしょ?って思いました。脳死になってしまった人からメスを入れて、臓器を取り出すんですよ!ほんとにいいんですか!?って。
 もし家族の誰かが突然脳死って診断されたら、ほんとに提供できますか?もし仮に本人が元気なときに「ドナーになりたい」と言ってたとしても、私は絶対にイヤです。まだ呼吸もしてて身体もあたたかく、血色もよく、爪や髪も伸びている、いとしい家族から臓器が取り出されるなんて!
 臓器の提供を待っている人にはほんとに気の毒な気もしますが、今一度よ~く考えてみてはいかがでしょう?…なんか、そんなメッゼージソング、できないかなぁ…
さとこでした
スポンサーサイト
コメント

No title

 歌のチカラってすごいですよね!伝える力。癒す力。語学学習でも、歌で覚えた単語は抜けまっしぇんっ!ことばがメロディーと結びついて、胸に、アタマに浸み込んでくれるようです。         脳死は人の死ではないってこと、伝えてくれるメッセージソングがあったら本当にいいのになあ。    
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。