Once More Please 2009年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰してしまいました。

久しぶりの登場ですごめんなさい

最近はリーダーばっかりで、なんだかワンスのブログが面白くない
ってお叱りを受けまして~
あわてて登場しました…なんて

私…すっかりサラリーマン生活を満喫してます
毎日、7時くらいにに帰って…
缶ビールをプシュッ
すっかり中年オヤジ風になってしまいました

こんな姿はあゆみファンには見せられまい

皆さんはお変わりありませんか
今年は、宵山音楽祭に出演できなくて…ごめんなさい
会場にいたら、たくさんの人になんで出ないの?と言われました
私もとても残念です

早く皆さんにお会いしたい
年内にライブが出来るといいですね

でもその時は、オヤジにならないように気をつけます
あくまでも、あゆみはアイドル志望ですから

あゆみでした
スポンサーサイト

祭のあと・・

 たくさんの人が、亀岡の街にあふれた。亀岡の秋を彩る亀岡祭も
無事に3日間を終えることができました。

 今年は日程にも天気にも恵まれ、ほんとうにたくさんの人に来て
いただきました。終わってしまえばアッという間の3日間でしたが、
今年は、24日のお旅所での奉納囃子や城下町巡行の実現に至る
まで、本当に長い道のりやったような気がします。たくさんの人の
協力や熱意があったからこそ実現できたと、改めて思います。本当
にご尽力いただいた皆様に感謝です!23日には山田知事にも来て
いただき、各鉾町を全部案内させていただきました。非常に喜んで
いただき、山鉾や文化の保存継承に努める皆様に、温かい言葉や
激励をいただきました。

 この一ヶ月ほど、会議やなんやっていうて、ほとんど練習もできず
メンバーにも迷惑かけました。ごめ~んね!

 今年の宵宮音楽祭には、全然顔を出せなかったのですが、先日
紹介させてもらった「そのひぐらし」の4時30分からのステージだけ
覗かせてもらいました。彼等が歌ってる姿を見て、なぜか胸が熱く
なってきました。まさに「再会の喜び」でした!わざわざ亀岡まで来
てくれて、本当にありがとう!楽しいステージを、本当にありがとう!
祭の期間中のささくれ立った気持ちを癒してもらいました。

091024_1657~0001
*写真がピンボケのように見えるけど、これは彼等の動きが激しい
せいで、こないなったに違いない!

 まだいろんな雑用は残ってますが、少し落ち着いてまた音楽を
頑張って行きたい!って、思います。そろそろ新しい曲も作って
みたくなってきました

 祭のあとの寂しさと、安堵感・・いわゆる祭ボケっていうやつですが
・・から早く脱却して、まだまだ頑張って歌って行きますぜっ!
 
                             HIRO

 

再会

 再会とは・・読んで字の如く「再び出会う」ということである。
人と人が出会うこと、それは60億もの人間がいる中で奇跡に
近い確立の出会いであると思う。その出会いの喜び以上に嬉
しいのが再会だと思う。

 明日から始まる「亀岡祭」。その中で、亀岡在住のミュージシャン
が集まって、この街をもっともっと元気付けたいと願いながら活動し
ているKMAが、今年も「宵宮(よみやといいます)音楽祭」を行います。

 今回は24日の午前中に、11基の山鉾が城下町を巡行します。
その後、昼から夜まで3ヶ所の会場で、いろんなミュージシャンが
楽しい音楽を披露してくれることになっております。

 我々ワンスも毎年参加させてもらってたのですが、今年はスケジュ
ール的に厳しいものがあって、残念ながら不参加になります。
毎年楽しみに聞きにきていただいた皆さん、ほんまにスイマセン!

 その中で、ワンスお薦めの二人をブッキングさせていただきました。
今年の夏に出会ったとても素敵な二人組で、出演をお願いしたところ、
快く出演を受けていただき、わざわざ大阪から駆けつけてくれます。

 彼等の音楽は、聞いてる人をとても楽しくさせてくれます。見た目は
ちょっと怪しげに見えますが(笑)、本当に楽しい素敵なライブです。

 「そのひぐらし」のお二人さん!ほんまにありがとうね!
再会できること、とても嬉しく思ってます。また、亀岡の祭も存分に
楽しんでいって下さい。

そんな訳で、我々ワンスのお薦めの「そのひぐらし」の出演は

10月24日(土) 「ふれあい城下町・宵宮音楽祭」内丸町会場

午後3時~    と     午後4時30分~    の2回です。

その他にも、亀岡在住の素敵なミュージシャンがあちこちの会場
で歌ってくれます。

祭も音楽もゆっくりと楽しんでいただいて、素敵な思い出をお土産
にしてください。

                          HIRO

 

森脇健児のサタデーミーティング

 10月17日(土)、「森脇健児のサタデーミーティング」に生出演して
きました。4時にKBSについて、早速リハを始め、30分足らずでリハは
終了。リハが終わって、森脇健児さんにご挨拶し、プロデューサーと打ち
合わせ。6時の本番には我々ワンスもスタジオ内に・・・たくさんの若手
芸人とのやりとりなど、聞いてるだけでも充分に楽しめました。

 なんせ生放送なので、我々の出演時間も2転3転し、当初は7時過ぎく
らいからとの予定が、なんかいろいろと挟まって7時30分過ぎにいよいよ
歌からスタート! 今回は「STAND-UP」を、放送用少々短めバージョン
で歌いました

 まだ結成して2年ほど経った頃に、いくよ・くるよさんの番組で、同じ
この場所で歌ったことを思い出しました。あの時はすっかり舞い上がって
しまって、上手く歌えなかったけど、年月を重ねて、いろんなステージを
経験して、みんなたくましくなったよね
 すごく落ち着いて、丁寧に歌えた気がします。・・ラジオの向こうでは、
どんなふうに聞こえてたかは知らんけど・・

DSCF0243_20091019202606.jpg

 歌い終わった後は、森脇健児さんやシンデレラエキスプレスの渡辺裕薫
さんとのトーク・トーク・トーク・・・トーク中にもワンス宛のメールを
、本当にたくさんいただきまして、リスナー(サタミ風に言えば、外野席)
の皆さん、ありがとうございました。…なんでメンバーが髪の毛を切って
る店の名前が知りたかったのかは、今でもとても謎ですが・・

DSCF0246.jpg

 亀岡祭のPRもでき、またエンディングにも「未来へ・・保津川」を、長
い歌にもかかわらず3番まで流していただき、非常に感激しました。

 今回は美味しいところを、モトヒロオヤジにすっかり持っていかれた感
はありますが、いつも横で黙々とギターを弾いてくれてるので、たまには
ええか!
 
 その後も本番終了までずっとスタジオにいて、最後までたっぷりと堪能
させていただきました。アッと言う間の3時間20分でした。

 とてもとても楽しい時間を過ごさせていただきました。森脇さん、渡辺さ
んはじめ、大野先生、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。
若手芸人のみなさん、これからのますますの活躍を期待しております!

                              HIRO

KBSラジオ、生放送出演&生歌披露

 先週土曜日から始まりましたKBS京都「森脇健児のサタデーミーティ
ング」
(午後6時~9時14分放送)の、第2回目の放送に生出演させて
いただくことが決まりました。・・毎度のことながら急な、且つ強引な
オファーをありがとうございます

 しかもなんとゲストコーナーのゲストとして出演し、生歌も歌うこと
になってます チョー楽しみです!

 出演時間は7時くらいからになりそうです。亀岡祭や宵宮音楽祭のPR
をしっかりとしてくるつもりです! ・・・と言いながら、毎回ラジオ
出演の時になったら、余計な話し(?)ばっかりして、肝心のPRの時間
がほとんど無い状態が多いので、今回は気持ちを引き締めて本番を迎え
たいと思います

 10月17日の夜は、KBS京都ラジオ・1143に合わせていただいて
ラジオの前で拍手してくださいねっ


サタデーミーティング_バナー


 また、出演の様子は後日報告します。

                           HIRO

本町づし行灯

 私の住んでおります本町の中ほどに、コの字型に繋がる
「づし」があります。ずっと昔から本町の子ども達の遊び場
でした。
 
 100mにも満たないその「づし」には3つの寺(法華寺・
寿仙院・本門寺)と5つの祠(鬼子母神・妙見・天神・弘法・
大黒)があり、全国的にも非常にめずらしいものだそうです。
1575年に明知光秀が亀山に入国して以来、その後徳川
幕府での城下町を形成していく上で亀山城の外堀の外縁
沿いに建てられたこれらのものは、歴史的に大きな意味を
持つものと想像されます。

 今夜、午後6時30分から9時まで、その「づし」を行灯で
照らし、秋の夜長のひと時を楽しんでもらうという行事を行
います。

 今夜は中秋の名月。素敵なお月様をめでながら、これから
深まる秋の一夜を、ふらりと散歩しながら感じてみるのも良い
ものですよね。・・皆様ふらりとお越しくださいませ!

HIRO

10月といえば・・・

 早いもので今日から10月!10月に入ると、私の住んでる
地域は、祭ムードに突入して行きます。

 10月23、24、25日と、城下町内で執り行われる「亀岡祭」
があります。この亀岡祭の起源は、室町時代に始まると云われ
ており、戦国時代に入り、一時廃れましたが、江戸時代に入って
から、町衆の力によって徐々に復興したと伝わっております。

 現在も城下町の町内には11基の山鉾が、豪華絢爛な衣裳(
これらの衣裳は18世紀から19世紀に作られたものばかりです)
を纏い、城下町内を巡行する様は、動く美術館と呼ばれ、最近で
は、亀岡市以外からもたくさんの方がお越しになり、皆さんの目を
楽しませています。

 このような祭が、町衆の力により脈々と受け継がれ、現在では
亀岡の秋の城下町を彩る最大の祭へと発展してきました。

 一時期は後継者難などによって「このまま廃れていく運命にある」
と報道されたこともあるようですが、年々大きな祭に進化して行って
るような気がします。現在でも、各山鉾町では若手の人材確保には
苦労されているみたいですが・・それぞれの町で、自分達の代で廃
れさせてしまったら、先人に申し訳ない!という思いで頑張っておら
れます。

 亀岡祭に合わせて開催されている「城下町フェスティバルINかめ
おか」の宵宮音楽祭には、2年続けて出演させていただいていた
のですが、今年はとても忙しくて、ちょっと出れそうにありません。
非常に残念ですが、また祭が終わってゆっくり落ち着いたらどこか
でお会いできる機会を作りたいと思っております。

 10月23~25日は、是非亀岡にお越し下さい!
歴史に育まれ、発展してきた祭をゆっくりとお楽しみ下さいませ。

HIRO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。