Once More Please 2008年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

往くねずみ・・

 2008年も残すところ数時間になりました。

 今年一番大きな出来事は、母を失くしたことです。
2月に持病の心臓弁膜症が悪化し、救急車で市民病院に
運ばれ、回復と悪化の繰り返しで、8月に亡くなってしまい
ました。ラジオの生出演や保津川川開き、新駅舎記念イベ
ント、光秀祭り、平和音楽祭・・それぞれのイベントに「最悪
の場合は、俺抜きのメニューも考えて」って言いながらも、
なんとか頑張ってくれて、平和音楽祭が終わって一週間後
に亡くなりました。・・その間、メンバーのみんなには、本当
に迷惑かけたり、心配かけたりの毎日でした。でも面と向か
っては恥ずかしくて、よー言わんかったけど、みんなのやさ
しさが、メッチャ嬉しかったよ!あんがとね
失くしてから、もっと優しくしておけば良かったとか、いろんな
ことを思ってしまうけど、両親ともにちゃんと送ってやれたこと
が、なによりの親孝行やったんかな・・って思います。
でも、やっぱりもう少し笑った顔見てたかったなぁ・・

 今年はそんなことやらほかにもいろんなことがあって、自分
の中でもワンスに集中しきれなかったことがあり、すごく不完
全燃焼的な気がしてます。新しい曲も1曲しか作れてないし、
来年はもっともっと活躍の場を広げて行きたいと思ってます。
公約通り、来年は室内でも頑張ってみるつもりです!
今年、せっかく声をかけていただいてたのに、やむなくお断り
したイベントやライブハウスにも、また縁がありましたら、是非
行きたいと思います。

 最後になりましたが、今年も皆さんの応援のおかげで、無事
健康で新しい年を迎えられます。本当にありがとうございました。
また来年も皆さんの素敵な笑顔に出会えることを祈りながら・・

どうぞ、良いお年を           HIRO
 
スポンサーサイト

原点 ~レオ回顧~

 あの時の光景は、今も記憶の中にはっきりとある。
三条京阪駅前のビルで、一階がイタリアンカジュアル
の洋服を売ってる店があり、その横の階段を上がると
我々が歌っていた「ポテトチップス」があった。
店内は左右に広く、我々は真ん中あたりで歌っていた。
ちょうど正面に階段が見え、上がってくるお客さんが見えた。
左端は大きなガラス張りになってて、歌の合間に京阪電車
の警笛が聞こえていた。そして右隣には、いつもタカがいた。
 
 レオが解散した翌日、九州に帰るタカを京都駅で見送った。
レオが終わり、また我々は以前の友達に戻れた気がした。

 就職してからも店からの依頼で、代わりが出来るまでと
いうことで、半年くらいはピンで歌った。・・でも、全然楽しく
なかった。「辞めたい」って言った時、引き止められることも
無かった。・・・その後は、地元の演歌歌手の方に誘われ、
カラオケで京都大阪を中心にあちこち行った。有名演歌歌手
の前座で歌わせてもらったこともあった。カラオケ大会のゲスト
や審査員のアルバイトもした。・・でも、いつも心が満たされる
ことは無かった。そのうち、だんだん音楽から離れていって
しまった。

 そして8年前、ワンスを結成した。純粋に歌うことが大好き
なイノちゃん、あゆみちゃんと知り合って、もう一度音楽を楽しみ
たい!と、素直にそう思った。そしてモトやんと知り合って、
改めて音楽の奥深さを学んだ気がする。今は、本当に原点に
帰って、純粋に音楽を楽しめてます。

 ずっとレオ時代のことを書きながら、いろんなことを思い出して
今思えば、本当に貴重な体験をしたなぁ、と思います。終わって
から嬉しいことが何度かあった。・・会社の営業で回ったり、夜の
祇園に行ったりした時に、「ポテトチップスで歌ってたレオさん
ですよね?ファンでした」って声をかけられたこと。・・タカも数年
前に福岡であった人に「20年ほど前に京都にいて、レオ見ました」
って言われたって言うてた。これにはさすがにびっくりしたけど、
多少なりとも人の記憶に残ることができてたんや!って、感激
しました。・・このブログ見た人で「ポテトチップス行ったことある!
レオ見たで~!」って人があったら、ぜひに名乗り出てください。

 またいつかどこかでレオでできたらいいなぁ、なんて思います。
今なら、あの二人で歌ってるだけで楽しかった原点にもどって、
レオが楽しめるような気がします。・・そんな日を楽しみにしながら

~胸の中のポケットに そっと手をいれ 大切な思い出を 取り出してみる
 色あせたアルバムを 懐かしむように 過ぎ去った日々を今 振り返る~

「青春の忘れ物」より            

                                HIRO


 



 

 

逝きし日に…

 今日、大本のK氏が天国に逝かれました。あまりにも早すぎる旅立ちでした。けれど、志(こころざし)はいつも高く、想いはいつも熱く、人生をめいっぱい生き抜いてこられた方でした。私はK氏のために何をしてあげられたわけでもなく、取り立てて親しくしていただいているわけではありませんでしたが、私に出来ることを一生懸命にさせていただこうと思いました。告別式の祭典とアカペラ合唱でのお見送り…。K氏に聴いていただけたかなぁ
「八雲の小琴(おごと)のしらべにまかせ うたはせたまへ みろくの神よ
 つばさやすらふ夕べにあれば 神にぞゆだねん今日為せしわざを」
                                     大本 出口 王仁三郎 聖師のお歌より
                             

原点 ~レオ終宴~

 僕達は毎日のように歌い続けた。なんのために、誰のために
歌っているのか・・もうそんなこともわからなかった
 いつものように店に入り、いつものように歌い・・それが生
活の中心になり、日常となっていった。
 
 いつの間にか僕達は、練習をしなくなった。ギターは、店の
ロッカーに入れたまま、手ブラで店に通うようになった。相方
との交わす会話も少なくなった。練習をしないから、お互いに
新たに作った曲も、コードだけ渡して、控室でチョロッと打ち
合わせて、ソロで歌って適当に伴奏するだけ、のような曲にな
ってきた。
 聞いてくれるお客さんは確実に増えていったのに、そのこと
さえも喜びを感じなくなってきていた。

 そんなある日、東京から来られてたレコード会社と、テレビ
局の方が「東京に来て、レコード(当時はまぎれもなくレコー
ドでした)を出さないか!」とお誘いをいただきました。
「いつでも連絡して」と名刺もいただいた。「こんな話がある
んやけど、どうする」・・・「・・・もうよかばい

 結局僕達は連絡しなかった。今から思うと、僕達には「歌を
職業にする」とか「メジャーを目指す」とか、そんな目標は最
初から無かった!
ただ、二人で歌ってるだけで楽しかったのが、いつの間にかそ
れが当たり前のことになり、単なるアルバイトになってしまっ
た。そして、その日常が苦痛になってしまっていた。
 
 レオという獣は、何処にたどりつくのか、何を目指して走れ
ばいいのかもわからないまま、ただひたすらに走り続け、そし
て走り疲れてしまった。

ランナー

 お互い卒業が決まり就職先も決まり、タカが実家の九州に帰
る前日まで僕達は歌い続けた。最後の夜は「レオの解散ライブ」
ということで、4時間近くのライブをした。本当にたくさんの
人が来てくれた。大阪からもわざわざ来てくれた人もいた。
一緒に涙を流してくれた人も少なからずいた。
 
 本当に、駆け抜けたという表現がピッタリくるような青春時
代だった。しんどくもあったけど、たくさんの人に出会えて、
やっぱり幸せやった

 その時の想いは、今もずっと胸の中にある。ワンスを始めた
時から、まず人に聞いてもらえるライブをしなければいけない!
たくさんの拍手をもらった時の感激をずっと忘れてはいけない!
そして、楽しく音楽をする・・これが僕の音楽の原点です。
そしてその原点を学んだ場所は、まぎれもなく「レオ」でした。
 
~時はいつでも、いたずらに 僕の腕を、すりぬけてゆく
 ほほをなでてく、そよ風は 二十歳(はたち)の胸には熱かった
  君がいてくれたからこそ 僕は歌えた
  君と歩いた青春だったから 熱き日々を過ごせた
 新しい空に、手を広げ 今飛び立とう~ 

     「別れの時」より                
 
THANKS                        HIRO

ギター弾きの独り言Part5

Part4より続く。

皆々様お久しぶりでございます
なにぶん文章ベタなものでスンマセン

それでは今回は俺の高校時代の事について書いて見ます。
実は俺は中学からサッカーをやってまして、高校に入った
時も迷わすサッカー部に入りました。勿論ずっとギターは
練習してましたが、高校1年の終わり頃、サッカーを続け
るかバンドをやるかで悩み、結果バンドをやると言う事で
サッカーをやめました。

それからが俺のバンド人生の始まりで、ブルースからオリ
ジナル、プログレまで色んな音楽をやりました。
ヘアスタイルや格好も段々それっぽくなり、「カーリーヘ
アー」に「ロンドンブーツ」と言う当時のハードロッカー
風になり、よく木屋町あたりのロック喫茶に入り浸ってま
した。

nishimura

その頃のバント名は「ブラックホール」と言うプログレ風
のバンドでホームグランドは乙訓あたりで、地元のイベン
トなんかにも出たりしてました。演奏は今から考えたらヘ
タやったなーと思いますが、バンドの練習場所なんかもあ
ってけっこう本格的やったなと思います。

そんな感じでやってたんですが、高校3年の初め、ある日
メンバーの1人が(リーダー)東京へ行かへんかと言う話
になり、皆んなその気になり色んな計画を立ち初めました。

その後はPart6に続く。

お久しぶりです♪

12月って、やっぱりあわただしいよね
なんだかバタバタしてて、ブログもご無沙汰しちゃってごめんなさい

花屋って、12月はほんと忙しいんだ
仕事に追われる毎日です

どんなお仕事の方も、きっと今は忙しいんだろうね~
皆様お体に気をつけてくださいね

そんな中でも、「やっぱり楽しみたい」って事で…
先日ワンスの忘年会をしたよ
今年もモトヒロオヤジのでお世話になりました
ノリちゃん美味しいお料理ありがとうね

それから、友人のめーちゃんのゴスペルも聞きに行ったよ

皆様にご報告するのはこれくらい

後は年末まで仕事頑張ります

では皆様、素敵なクリスマスをお迎えくださいませ

あゆみでした

母を想う…

先日、京都市内で私の姪っ子Tちゃんの結婚式がありました
Tちゃんはとても優しい子で、産婦人科の看護婦さんでした。
ちいさい頃、亀岡に来たときには、よく私の子どもたちと仲良
く遊んでいたものです。
今では花嫁修業も終えてきれいなきれいなお嫁さん!

T-chan

Tちゃんは私の実母と同居で、身体が思うように動かなくなっ
た母と一緒にお風呂に入ってくれたり、寝たきりになってから
は、懸命に介護をしてくれました。
きれいなTちゃんを見ていたら、施設で留守番をしている母が
思い浮かんできて、涙があふれました

「Tちゃん、今までほんとにありがとうね」って言うのが精一
杯でした。今は私の顔もわからなくなってしまった母ですが、
きっと私を育ててきて、「幸せになってね」って思っていたに
違いありません
私がTちゃんを見て、そう思ったように。

 「過(あやま)たじ 汚さじものと
         生みの子を 心にかけて いつくしむ母」

 「むらきもの 心を千々に
     くだきたる 報(むく)いありしと 喜ばせ母を」
 
          大本 出口 王仁三郎 聖師のお歌より

STUDENT BAND CONTEST開催!

学生BANDコンテスト・開催決定!

バンドコンテスト

Once More Pleaseのメンバーも企画に参加しています、
KMA(Kameoka Musicians Association)から、大型
企画が発表されました。

亀岡に住む学生さん達に、広く門戸を広げて・・・今後の
活動の足がかりにして下さいませ。

■開催日時:2009年3月15日(日)
      開場15:30  開演16:00~20:30

■会  場:ガレリアかめおか/コンベンションホール
      亀岡市余部町宝久保1番地の1
     
■対  象:亀岡市在住・在学の学生を中心とする。
      ・16歳以上~22歳(中学生は不可)


詳しくは⇩このバナーをクリックしてネ!
STUDENTバナー
KMA WEBへGO


ちょいとお知らせ

 昨年の夏までワンスでベースを弾いてくれていた
TOSHIことトッチャンが、役者に転向しました!

 んなわけで、12月21日(日)ガレリアかめおか2階で
公演される「劇団キャンバス」の~青木さん家の奥さん~
に出演いたします!

この劇団キャンバスは、若さあふれる劇団員が、まっすぐに
お芝居に取り組んでいて、私も非常に好きな連中であります。

 トッチャンも、ワンス時代にはとうとう出来なかった減量にも
成功し(?)、現在は若い連中とともに汗をかきかき毎夜練習
に励んでいるとのこと。ワンス時代と変わらない声援を送って
やって下さいませ!(せりふは無いって言うてたけど、はたして
どんな役なんでしょうか・・?)

 劇団キャンバス第4回公演
  「青木さん家の奥さん」
12月21日(日) 13:00~/17:00~
   *開場は開演の30分前より
 場所:ガレリアかめおか 2階


皆様方、ぜひにぜひにおみ足をお運びいただきますよう
お願い申し上げます。
 
                         HIRO
  

 クニッテル通りの銀杏もすっかり落ちてしまい
いよいよ2008年もあと少しになってきましたね。
 本当に1年が、あっという間に過ぎていくみたいで、
また一つ歳を重ねたとしみじみと感じる今日この頃です。
 今年も振り返れば、本当にいろいろなことがあったような・・・
年一回のレギュラー番組(?)の
KBS「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」
の出演に始まり、
保津川下りの川開き
新亀岡駅舎オープン
・・・えっ?あゆみちゃんとかぶってるってか?
 
 以前にも話したように、ワンスは野外でライブすることが
1年のライブの中の大半を占めます。ですから、巡る季節を
正真正銘の「肌で感じる」ことができます。
桜のつぼみ、満開の桜の下、真夏の太陽、秋の彩り、
冬の厳しさ・・そんな中で、次はこんな曲作りたい!とか、
こんな詩を書いてみたい!とか、いろんなことを考えさせて
もらえる場所でもあります。

 来年に向けて、ただいまワンスは新曲を構想中です。
っていうても、まだそれぞれの中で「こんなんどやろ?」
程度のもので、なんにも輪郭さえ見えてない状態です
が、今回は初めて、4人で考えながらの曲作りに取り
かかり出しています。

 いつもいつも、聞いてくださる人たちに喜んでもらい、
また感動してもらいたくて、ただただ笑顔に会いたくて
・・良い歌ができればいいな、と励んでおります。

 また、どこかで聞いていただく機会に恵まれますように
・・インフルエンザが流行してるとのこと、みなさんくれぐれ
も気をつけてください!

                         HIRO

 

歌に助けられて…

 書かないときは、まったく書かないくせに…
とリーダーに怒られそうだけどまたまた参上いたしました!

 ワンスのメンバーはいつでも明るくて賑やかで…
って思われがちですが、人間誰しも大なり小なり苦労をしなが
ら生きてるんですよね。私のように能天気でポヤンと生きてい
るように見えてても、これでも悩みごとで眠れない夜もあるん
ですよ。エッ?…それはないやろってか?

でもそんな時、私は二つのことに助けてもらっています。
一つはもちろん「歌」であり「音楽」です。
何もかも忘れて音楽に没頭していると、いつの間にか気持ちも
スッキリさわやか!

 そしてもう一つは「本」です。しんどい時にドンドン読
みすすめていくと、アッ!これだ!って思える瞬間があんです。
そうすると今まであんなに悩んでつらかったことが嘘のように、
心の中がスーッとして、晴れ晴れとした気持ちになれるんです。

読書

人生山あり谷あり、苦労があってあたりまえ
「あたたかき 心をもちてむかひなば 悪人とても われに親しむ」 
「気をつよく ひろく大きくこまやかに あたたかみのある人になりたき」
大本二代教主さまのお歌より

気が早いっ?!

12月だよね~
亀岡駅や南郷公園あたりのイルミネーション、もう綺麗に飾られる
ちょっと感動

でっ、少し気が早いんだけど、一年を振り返ってみたの

私、今年はあまりいい年ではなかった
どちらかと言うと、辛くてしんどい日が多かったよ
「人生山あり谷あり」って、誰が最初に言ったのか知らないけど、上手く言うよね…
そう、今年は谷にいた気分だった
どうか今が谷底である事を願って、また山のてっぺん目指すつもり

そんな中、やっぱり救いだったのがワンスの活動だったよ

保津川の川開きに始まり、亀岡駅のセレモニー、光秀まつり…
夏は平和音楽祭に24時間テレビ…
秋は、ふれあい城下町音楽祭…

たくさんの場所で、たくさんの人にワンスの音楽を聞いていただけた

嬉しかった~たくさんの拍手
ありがとうございました

ワンスの音楽や、素敵な仲間に囲まれてたから、なんとか一年頑張ってこれたんかなって思ってる

もう今年のライブはおしまいだけど、またすぐに会えるといいね

あゆみでした

歌って感動、聴いて感動!

 昨日、私の友人Fちゃんがやっている亀岡混声合唱団の
定期演奏会に行って来ました
年に一度の大イベントです。オーケストラとソリストと合
唱団とのコラボですから、ゴージャス!

 Fちゃんは、大本の合唱団「チエーロ」の指揮をしてく
れていまして、もうかれこれ十数年になりますが、彼女は
勉強のためにと、ずっと続けています。

 「チエーロ」の練習では指導をしていて、本番では指揮
をしていますから、歌う側に立つのはそうそうありません。
 演奏会での彼女はものすご~く楽しそうでした。

 あまり愛想良くするのが得意ではない方ですが、一番前
で一生懸命さがすごく伝わってきて、とてもいい演奏会で
したよお疲れさまでした

音楽って、やっぱいいわ!

(参考):「チエーロ」(エスペラントで天の意味)

STUDENT BAND CONTEST'09

ポスタ-3/7

STUDENT BAND CONTEST'09

と き:2009年3月15日(日)
    開場15:30   開演16:00~

ところ:ガレリアかめおか
    コンベンションホール

入場料:300円(当日券有)※前売券は、下記主催者まで!

主 催:KMA(Kameoka Musicians Association)
      イベント担当・吉岡(090-3624-7415)

後 援:WORLDグループ


【Special Guest Band】

 情熱マリーとしゃぼん玉ハイスクール


【コンテスト参加BAND】

 ● Sweet Heaven

 ● Rychester'

 ● Girls Doubt IT

 ● STAMP LINE

 ● The one course

 ● MOUSA

 ● 咲 ~S A K I ~

 ● みそ汁'S

 ● 吉田ヒロキ


■主催/KMA(Kameoka Musicians Association)

■後援/WORLD GROUP

■私達も「STUDENT BAND CONTEST'09」を応援しています。

男前豆腐店(株)/(株)京都石材/カメップ/フラワーブティック花一/
(株)ディベロップ/(有)石野縫工所/(株)井上商店/岡本工業所/
(有)エステートサービスヤマモト/(株)京都ウエスト/丸亀ガス?/
京懐石 中ざわ/天野歯科医院/Music&LiveBar LAYLA/松園荘 保津川亭/
船坂鉄建/はあぶ/(有)丸福自動車/中華料理 広東/ひのまる米工房/
内藤印刷(株)/関口建設(株)/山内電工/LIVE HOUSE 京都バックビート/
シカゴピザ亀岡店/味わいラーメン風/(株)ウエダ/(株)からふね屋/
(株)大門金物/人情屋台とりせん/LONE★STAR/内藤レコード/リンクル/杏々/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。