Once More Please 2008年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一所懸命の時ほど楽しいことはない

今、ギターケースを抱えているとするならば、傍目にはケース
の中にライフルでも忍ばせて、暗殺計画を練っているどこかの
危ない人に感じる風貌になってしまいましたが、レオの時代に
はサラサラの髪を少し伸ばした色白のハンサムボーイでありま
した・・・・・本当かいなっ!。

 白と黒のテクノカラーでステージに立つと、そりゃ見栄えも
よかったかもしれないし、その対照的なところが強いインパク
トを残したのかもしれません。
 ムフフっ ヒロちゃんが書いていたように、100人もお客さ
んがいたかなあと記憶が定かではありませんが、多いときはそ
のくらいいたのかもしれません。
 なにぶんにも私たちを見るために店に来た人はほとんど皆無
でしたから気分的には楽だったと思うし、いろいろと試行を凝
らしてステージをやれば楽しいんやないかなあと思って、毎日
曲目も変更していました。

reo_011
 お客さんのリクエストに答えるコーナーでは、その当時に流
行っていた「セーラー服と機関銃」やら中島みゆきの「悪女」
やらの注文が多かったと記憶しています。時には外人さんから
もリクエストがあり、ビートルズなどのリクエストにこたえて
いました。
 しっかりと歌ったかどうかは、ご想像にお任せちゃんりんシャン。
記憶というのはとても曖昧なものですから、本日のところはこ
の辺でやめときます。ただ拍手をもらったときのなんとも言い
ようのない気分(ワンスの方達はわかると思います)だけはし
っかりと記憶に残っています。。
 幸せですよね、あの暖かい拍手というものは・・・・・タカ
スポンサーサイト

原点 ~レオ疾走~

 三条京阪駅前のビル2Fにあった「ポテトチップス」・・
ここが我々レオの歌うパートタイマーの始まりでした。
 
 「これでギャラもらうんやから、ちょっとはええギターを持
たなあかんのちゃうけこうなったら新しいギターを買お
「そりゃよかばい」ということで、お互いに新しいギターを
揃え、大好きな歌を歌って、たくさんの人に聞いてもらえる場
所が出来たとウキウキしておりました。

 最初は他に、ギブソンのハミングバードを弾いていた中島み
ゆき風の女性と、マーチンを持った布施明風の男性とローテー
ションで週1回という話やったのですが、店長から電話がかか
ってきて「明日の夜、入れるか?」「えっ!明日は〇〇さんで
しょ?」
「彼はいまいち受けへんから辞めてもらった!せやから明日頼
んだで!」・・てな具合で、女性も男性も1~2回出演しただ
けで、知らない間に残ったのがレオだけでした。・・
タカもコメントで言っていたように、我々よりも彼等の方が、
あきらかに見栄えも良く、音楽的にも優れていたように思って
いたのですが・・あらためて、客に受けなければ簡単にクビに
なってしまうんやという厳しい現実をつきつけられ、明日は
我が身と思いながらも、彼等の穴を埋めるべく最低で週3回、
他にパーティーが入ったたらなんたらいうて、多い時には1
週間毎日っていう時期もありました。

reo_010

 レオの出演する時には、必ず見に来られるお客さんもでき、
パーティーにもご指名でライブさせてもらったり、普段は100
人も入ったら、たいがいいっぱいの店に、最高観客動員数150
人という記録も樹立し、まさしくレオが疾走するが如く順風満
帆の毎日でありました
 
 文字通り、雨の日も風の日も、おまけに雪の日もギター抱え
て、 とにかく毎日のように歌っているのが楽しくて、たくさ
んの拍手をもらえることが嬉しくて・・しかも、実働は2時間
ほどで、飲み食いは全て無料で・・・給料(月給制でした)は
びっくりするほどもらえるし・・当時の我々には、まさに夢の
ような日々でした

 しかしそこには、本当に自分達にそれだけの力があったのか
どうかもわからないまま、そんな夢のような毎日に溺れていっ
てしまうレオの姿があったのでした・・・

TO BE CONTINUE          HIRO

ペパーミンツからのお知らせです

みなさん、お久しぶりです
もうすぐ12月ともなると何かと忙しいですね

さてさて私がやっているグループの『ソフィア&
ペパーミンツ』ですが、来る12月20日(土)に、
ガレリアかめおか響ホールにて、クリスマスコン
サートをすることになりました

時間は、昼14:00~ と 夜18:00~の2回公演です
ただ今、本番に向けて猛練習中です

私はずっと前から『自分の張りのない声を何とかし
たい』と思っていました
そんな時に出会ったのが私の師ソフィアさんです
(といっても日本人ですよ)

最初は全然思うように歌えなかったのに先生に鍛え
てもらったお陰でだんだん声が変わってきました
それにワンスでもそうですが、3和音の美しさには
まってしまうと、2和音ではなんだか物足りなくな
ってしまうんですよね

コンサートでは女声3部でいろんな曲を歌います
クリスマスソングの他アンジェラ・アキの手紙とか
カッチーニのアベマリアとか…。
また、今度初めて登場してくださるピアニストさん
のソロや大学生のダンスなどもあって、盛りだくさ
んです

チケットは、一般1500円、小学生以下1000円です。
みなさんお揃いでお越し下さいね~
久しぶりに登場したかと思ったらCMばかりでごめんなさぁい

ソフィア03


楽しかった~おいしかった♪

昨夜の誕生会、めちゃ楽しかったよ

今回は、焼き肉を食べに行ったの
その前は中華で、その前はフレンチで…その前は和食
美味しい物食べて、少し飲んで、ワイワイ騒ぐってマジで楽しい
人生の醍醐味やね
ちょっと大げさ

norico

その人には何が似合うのかなぁ~なんて考えながら、
プレゼント選ぶのもこれまた楽しい
もらった人も満面の笑顔
だから、誕生会はやめられましぇ~ん
って、宴会部長は思うのだ

誕生日って、私達の年代じゃ、ほんとはもうそんなに
嬉しい事やないよね
でも一緒にお祝いしてくれる、仲間がいるって…
嬉しいし、すごく幸せ

昨夜メンバーの一人が言ってた!
「こうなったらずっとワンス続けてやる~」って、
こうなったらって、どうなったらやねん
って心の中でツッコミながら、素晴らしい事だと思いました

ワンスも誕生会も、みんなの体力が続く限り、
ずっと継続して行くぞ

そうそう…
写真一杯撮ったんだけど、ほとんどピンボケで…
影のメンバーと管理人の紹介は、またの機会に

あゆみでした

ギター弾きの独り言Part4

Part3から続く。

エリック、クラプトンを聞きながらこの人は何を聞いてあんな
ギターが弾ける様になったんだろうと考え、色々と調べてると、
ブルースと言うキーワードが出てきた。

ブルースと言う音楽はアメリカの黒人の音楽であり、今のロッ
クの原点になった音楽である。(詳細に関しては省略)
ここから俺のブルースギターのルーツ探索が始まる事になる。
BBキングを初め様々なブルースギターを聞いていた高校1年
の頃である。

その頃の友人がある日1枚のシングル盤のレコードをくれた。
早速家で聴いてみた。ターンテーブルに針を落とすと衝撃的な
ギターのイントロ、ほんまにブッ飛んでしまった。

jimihen-002

jimihen-001

その人の名前はジミ・ヘンドリックス。
一発で虜になってしまった。曲名はA面はあのチャック・ベリ
ーのジョニーBグッド。B面はクラプトンもカバーしたリトル
ウィングだ。それもライブだ。
今まで聴いた中でほんまに一番の衝撃的な出来事であった。

Part5に続く。

※続きを見るに・・・Jimi Hendrixの記事あります。

続きを読む »

ふっかぁつっ♪♪

ご無沙汰してしまいました
「あゆみちゃん最近ブログ書かないけど、どうしたんかな?」
なんて、心配してくれてたあゆみファンの皆様…ごめんね…

忙しかったり、疲れてたりで…
なかなか書けなかったのよ
まぁ、いつも元気なあゆみでも、疲れる時もあるのだ
許してちょーだい

あゆみがオサボリしてる間、たくさん書いてくれて…
リーダーありがとさんでした

けど、どんなけ自分好きやねん
歌詞紹介しすぎやし
これは、まぎれもなく批判です
(実はリーダーはいじられ好きなのだ)

明日…もう今夜やけど、影のメンバーN子ちゃんの誕生会
みんなで食事をするのは久しぶり
とても楽しみにしているの

写真たくさん撮って、また皆さんに報告します
お楽しみに…

あゆみでした

ALWAYS

 「さっぶう~」のところで、とてもきれいな夕日がありましたが、 
夕日といえば、昨夜、テレビで「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
を観ました。
 
 一作目は映画館で観たんですが、続は観そびれてたので、
レンタルででもと思ってたので、とてもありがたかった

 一作目も非常に感動して、続編でもまたまた感動しました。
身近な人のことを、まるで自分のことのように喜び、悲しみ、
憤る・・そんな、とてもあったか~い映画です・・今の時代に、
ひょっとしたら一番無くしかけてる、とても大切なものをつきつけ
られた気持ちになってしまいました。

 ちょうど自分が生まれた年代のお話しで、自分の親と重ねて
観てしまいます。自分の親も、きっとこんなあったかくて、やさしく
育ててくれた・・に違いないと思うと、ちょっとせつなくなったり
 
 誠実に、真面目に生きてる人が、ちゃんと報われるような時代
になってほしいですよね

 ワンスの歌も、聴いてくれてる人が、あったか~くてやさしい
気持ちになれるような歌を、もっともっと作っていかねば、と
あらためて思いました。

 歌は「ココロを伝えるもの」なんですよね

~見つめて、ずっと見つめて めぐる季節を分かち合えたら
 涙ですごした日々も きっと笑って話せると思う~

「HANADAYORI」より               HIRO

 

さっぶう~・・

 急に寒くなってきましたね。
みんな、ブログ書くときは一斉に書くけど、書かないときは
全然なんやから

 このブログも、始めてから約2ヶ月が経ちました
メンバーの書いたのを見てると、俺に対して批判的な感情を
抱いてるように聞こえる発言には、ちょっと注意して下さいね
 
「無理矢理」とか「強引に」とか、知らん人が見たら、
「あんな優しそうな顔して、そんな強引な人なんや
って、本気にしゃはったらどうすんにゃな
 
 みんなが普段から思ってるように「リーダーあってのワンスです
リーダーがいなければ、私達はここまで来られませんでした。
心から感謝して、尊敬しています」って、素直に言えばいいやん

 これからますます冬に向かって寒くなっていきます。
冬は冬らしく、さむ~い冬が好き夏は夏らしく、あっつ~い夏が好き
 同じ場所の同じ景色でも、季節によって全然違う表情を見せてくれます。
ほんとに日本の四季って素晴らしいって、いつも思います・・・かというて
日本以外に住んだこと無いですけど

 みなさん、寒い冬を乗り切って、また素敵な春を迎えましょう
 ご自愛くださいませ

夕暮れ2

~もう三度目の秋が過ぎてゆく 悲しみに沈んだ日々も セピア色の世界のよう
 ただ寂しくて夜が長すぎて ふるえる方を抱きしめる ぬくもりが今は恋しくて~

「Follow with your wind ~あなたの風に抱かれて~」より      HIRO 

 

原点 ~レオ飛翔~

 レオも結成して、なんだかんだで1年の歳月が経ちました。
タカの声もしっかりと一人前の声になり、近くの喫茶店で
ワンマンライブをしたり、祭りのイベントに呼んでもらったり、
学校内のオリジナルコンテストのようなものがあって、レオ
として2曲作って応募したのが、2曲とも最終選考の8曲の
中に残り、その選考会で歌ったりで、なんやかやと歌う機会
は増えていきました。・・たしか、優勝はできなかったけど、
なんたら賞をもらった記憶があります。

れお004

 そんな私達にある日、京都で以前から有名な老舗のライブ
ハウスと、まだできたばっかりのライブパブの2軒から同時
にオファーがきましたその当時、軽くとんがってた私達は
「老舗なんかに魅力は無いどうせするなら新しいところで
俺達の力を試さへんけ」「そりゃよかばい」ということで
新しくできたばっかりの、三条京阪の駅前にあるその店に、
二人でギターを抱えてオーディションを受けに行きました。
 店の社長や専務を前に3曲ほど歌ったレオは、即その場で
採用が決まり、さっそく今週末から歌ってくれということになった
のであります。

れお003

 週末の土曜日、早めに着いて専務や店長と打ち合わせ・・
7時~8時と9時~10時の2ステージで、ギャラは終わって
から考えるとのこと。とりあえず、7時からの1時間分のステージ
メニューを考えて、いざステージに・・と言っても、店内の真ん中
に、マイクが2本ポンッと立ててあるだけで、ギターのPAとかは
無し・・すでに結構な数の人が入ってる店で、私達に出来る
ことは、とにかく聞いてもらえるようなステージをするだけでした。
1回目も2回目もなんとかこなし、たくさんの拍手をいただけた私達
控室に戻ってホッコリしてるところへ、専務や店長がご機嫌で
入って来られ、手を握りながら「これからもよろしく頼む
と言われ、なおかつ提示していただいたギャランティーは当時の
私達にとっては、驚くくらいの金額でした
 えっ、いくらかって・・ご想像にお任せします

 しかし、これからがレオの本当の戦いでした・・

TO BE CONTINUE                      HIRO
 

フラフラ・ダンス?

あゆみちゃんや、リーダーがワンスを語っている中、私は先日
なんとフラダンスを踊っておりました
実は、大本で行事があり、ひょんなことからフラダンスをする
ことになって、女性15人で創作フラをやりました。フラって
いうのは、ハワイの伝統的な宗教音楽で、火の神様の荒い気性
をなだめるために踊ったのが始まり、という説もあります。
そこで大本の愛善歌(出口王仁三郎作詞、野村芳雄作曲)のひ
とつ「栄光」にハワイアン風のキーボードとウクレレ(西村さ
んからの借り物)の音で音源を作り、それにあわせて、手話を
取り入れた振り付けを考え、練習しました。会場のみなさんに
も歌っていただき、ブラジルから来てたF君も引っ張り込んで
一緒にフラフラ踊りました。
案の定、大喝采!やっぱり、楽しいこと、和むこと、面白いこ
とって、人間誰しも大好きなんですよね
年々この行事の参加者がふえてるんですって!!去年はブート
キャンプやったし~>来年は何にしよっかな~
企画担当のキャサリン桃李ちゃん、来年もよろしくネ!

ワンスも面白いMCいっぱいいれて、楽しい音楽しよっ!
MC担当のひろちゃん、あゆみちゃん!よろしくっ!!

ネエさん


ラブソング♪

ワンスを結成してすぐに、リーダーに「詞を書いてみたら?」って、言われたの

もともと本を読んだり、文章を書くのはキライではなかったけど…
作詞なんてとんでもないって思った
だって子供の頃の遊びとは違うもん

でも、あの強力さに負けて、書いて見る事にしたの

今から思うと、最初の方の詞はひどかった
ボツにされて正解ね

私はそんなに想像力も豊かでもないし、難しい言葉も知らない
まして英語なんてチンプンカンプン

だから、私が書く詞、日常の喋り言葉だし、思ったまんま…
ノンフィクションよ

口に出して伝えるには照れるような言葉でも、メロディーにのるとスラスラ言えちゃう
不思議ね

私、基本ラブソングしか書きません
そう、「あなたと私」の世界

でも、聞いてくださった方が、「あなた」を「友人」や「家族」って思ってくださっても嬉しいの

その人によって、またその時の状況によって、歌の感じ方って色々だもん

それって音楽の素敵なところよね

あゆみでした

ステージ上から・・・

 最近ステージ上での喋くりは、極力控えめにしております。
なんでかっていうと、メンバーがやいやいとうるさいからです。
 昨年やったか、たしか城陽のイベントでゲストで呼ばれて、
「時間が余ってるので、10分ほど引っ張って下さい」と言われ、
私はその10分を喋くりに全部使ってしまいました。・・その後の
控え室で、メンバー一同から「なんでもう一曲せえへんかったん
と非難轟々てなわけで、最近は喋りより曲優先のステージングに
なっております・・・のはずです
せやからこういう喋る機会があることは、私にとって非常にありがたい

 ステージに上がって客席を見ていると、皆さんの表情がとてもよく
わかります。いつも歌いながら、ずっと客席を見ているわけですから、
中には突っ込み所マンサイの方に出くわすと、こっちも歌ってる間ずっと
気になって、早くこの歌終わって突っ込みたいという衝動にかられて
しまいます。

 それに、もう何年も必ず見にきてくださってる方の顔はしっかり覚えて
います。最近、その人たちの顔が見えない時は「今日はどーしゃはったん
やろ」って、かえって気になるくらいになってきてます。

 みんなが笑顔で出会える場所・・そんな場所であり続けたいと願って
おります

 ブログの締めくくりに、自分の書いた歌詞を少しだけですが、さりげなく
(?)紹介しております。これで、ワンスの歌にもっと興味を持っていただ
けたら・・そんなことも思いながら・・

~こんな時代なんてと 君はつぶやくけど
 こんな時代だから 僕らは出会った~

「エンドレス ロード」より                HIRO
 

野外ステージが好き・・?

 ワンスには青空がよく似合うって、しょっちゅう言われます。
このブログのバックにも、素晴らしい青空が広がってるよね
たしかに青空の下の野外ステージは大好きです
 でも室内のライブも決して嫌いでは無いし、聞いてくれる人の
前では、絶対に手抜きをしているつもりはありません。
 しかしながら、室内でライブした後は必ず「やっぱり室内やと
テンション上がらへんの」って聞かれてしまいます。
昨年、京都のライブハウスで歌った翌日に、兵庫県の方で野外
のステージに出演しました二日とも見に来ていただいた
方から「昨日とは全然違うやん」と言われてしまいました
ほんとに、そんなに差があるのであれば非常に申し訳なく、失礼
なことやったなぁ・・と深く反省しております
・・態度には表れてないかもですが

 もともと20~30人くらいの適当な室内で、ゆっくりとライブする
のは基本大好きです・・でもでも、不特定多数の方の前でする
ライブの緊張感は、やっぱりもっと好きかも
全然知らない所に行って、オリジナルばっかりなんで、当然皆さん
の知らん曲ばっかりするわけやから、お客さんの反応と拍手の
多さで我々の評価がその場で感じられます。

 それになんと言っても、あの開放感はたまりまへん
歌ってる最中に見上げてみると、ここから青空が始まっているよう
な、そんな気分になりますやっぱり野外ステージは大好きです
でも室内ライブも、これからはもっともっと頑張ります・・約束

青空

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

~♪僕たちの熱い想い胸に この空の下駆け出そう
  君の笑顔が ほら輝いている
 僕たちはいつも夢を見ていた この空の下どこまでも 
  君の願いも きっと叶えられるはずさ~♪

「青空の始まる場所」より           Hiro  

  

ギター弾きの独り言-Part3

先日は拾得のフェイク、ファーwithチャーリー、コーセイのライブに
沢山ご来場頂き、誠に有り難うございました感謝、感謝です
まだまだこれからも体力が続く限りどのバンドも頑張って行きま
すので、今後とも宜しくお願い致します

さてPart2からの続きですが、あのエリック・クラプトンの事ですが、
当時(35年前)日本では今のようには人気なく(当時はレッド・ツェッ
ペリンやディープ、パープルの方がかなり人気があった)

また当時はクラプトンはジャンキーの隠頓生活状態だった。
俺が初めて買ったクラプトンのレコードがライブ・クリームVOL2と言
うアルバムで(いまだにこのアルバムこそがクラプトンの最高のギタ
ープレーが聞けると思っております)

ライブクリーム2

次に買ったのがクラプトンが隠頓生活から抜け出すきっかけになった
レインボーコンサートと言うアルバム。
このアルバムは世間での評価は良くないらしいが、俺は何か哀愁が
有り、何か切なくクラプトンのギターが歌っているような気がして好き
なアルバムである。

レインボー

この2枚のアルバムこそが今の俺のリードプレイ
(アドリブ)の原点であります。

Part4に続く。

おまけ・・・・・CREAM LIVE(WHITE ROOM)

私は普通の人間で普通の声だ

僕の声が小さいと感じてたなら、それは間違いである。僕の声は普通の大きさであり普通のトーンでありましたが、相方が猛獣のような声で歌うもんやから合わせなしゃーないでしょうがっ・・・
てなことで、わたくしもワンスの皆さんが歌い始めた頃のことを思い出してみると、声の出方に雲泥の差があるような気がします。経験って素晴らしいですよね。皆さんもわたくしと一緒で猛獣扱いに慣れたようです。メデタシメデタシぃー。最近新曲できたんかなぁ? みんなの新曲聴いてみたいなぁ。ヒロちゃんCD送ってな  TAKA

原点 ~レオ躍動~

 レオで活動し始めた私たち、とにかくよく練習しました。
時間さえあれば、新しい曲を作って、ここにハモリを入れる・・
とか、ここはこうギターを弾いてみよう・・とか。

 ここで「なんでレオという名前にしたんか?」について・・
子供の頃に見ていたアニメで、手塚治虫の「ジャングル大帝レオ」
が大好きやって、子ライオンのレオが幾多の試練や数々の窮地を
乗り越えながら、やがてジャングルの帝王として大人ライオンに
成長していく姿がすごく印象に残ってて、レオのように強くたくましく
成長できれば、との思いから名付けました。

 そんな私たちが、校内で練習してるうちに、何か物足りないと感じる
ことがありました。・・相方のタカの声が小さいことでした。「なんでお前
そんな小さい声やねん」こんな室内で練習してるから大きな声が
出えへんのやわ、きっと・・と思いついた私は「よ~し、こうなったら
外で練習しよう」「そりゃよかばい」ということで、ギターを抱えて
京都御所に行き、「さあ、ここなら遠慮はいらん。思いっきり声を出しやがれ
「そりゃよかばい
 こうしてタカの特訓が始まり、時には観光客に聞いてもらい拍手をもらい
ながら、また時には御所の警備員に笛を吹かれて注意されながら、じょじょ
にタカの声も成長していくのであった。・・今から考えると、俺の声がやたら
でかかったみたいやね。いまさらやけど「タカ、お疲れさんでした

~天よ回れ 男の心を 奮い立たせろ
  天よ回れ 遠い空を 近づけろ~
「天よ回れ  BY タカ」より

TO BE CONTINUE                            Hiro

LIVEのお知らせ

dad

Once More Pleaseのギター(西村)が参加しております
もうひとつのBAND『DAD ROCKS』のLIVEがあります。

良かったら見に来てやって下さい。
宜しくお願いします(西村)。。。

◆と き:11月15日(土)
     開場18:30  開演19:00~

◆ところ:和音堂
     河原町三条下がる1筋目東入る すぐの地下

     和音堂HP

だっど


幸せです♪♪

小さい頃から歌が好きだった事や、アイドルになりたかった(笑)のは、もう話したよね…

今から思うと…
私ちょっと変わった子供だったかも

可哀想なアニメのテーマソングを歌いながら、よく泣いたの
歌ってると悲しくなってくるの感情移入し過ぎてしまうのよね

今でもそうなの!
練習中に、なんだかわからないけど、気持ちがこみ上げて来て泣いてしまう
メンバーによく笑われてる

作詞作曲して、友達の前で歌った事もあるの
前に話した「歌手ごっこ」の延長の遊びなんだけど…
何人か座らせて、おもちゃのマイクで歌ったの
笑っちゃうよね

私ってば、小学生の頃からほとんど成長してないやん
今も同じような事してる

けど違うのは…
素敵なメンバーに巡り会えた事
そして、笑顔一杯で拍手してくださる皆さんにお会い出来た事…

私って、やっぱり幸せもんだよなぁ

あゆみでした

今も昔も・・・

少しだけお邪魔いたします。
ヒロちゃんとは、来る日も来る日も一緒にギター抱えて
あちらこちらに行ってたなあと思い出しますが、今では
ワンスの皆さんがいろんな所に行ってるのを考えるだけ
で・・まあ羨ましい。
 音楽っていうのは本当にいいですよねえ、うまくしゃ
べれない人や、自分の気持ちを伝えられない人にとって
音楽はいい手段だし、スムーズに相手に入っていけます。

 そういう感覚を身に着けてしまったら音楽から抜ける
ことはできなくなってしまいますねえ。私は趣味があま
りないので、もし近くにいたら真っ先にメンバーに加え
てと言ってたのではないかと思います。

 ヒロちゃんからのリクエストでレオの時代の写真を送
れということなので何枚か蔵から、(御曹司か !!)抜き
出してきました。笑ってやってください。
 尚、自分では写真は挿入できませんので後ほど・・・
レオ-02

レオ-03

レオ-04


原点 ~レオ始動~

ねえさんもタカも、誉めるんやったらちゃんと誉めてってば!
微妙に批判のように聞こえるやん!

ある日、タカがラジカセを片手に「この歌聴いてみてばい」と持って
きたのが、アリスの「明日への讃歌」という歌でした。

明日への賛歌

思いおこせば中学生の時に、亀岡会館で当時流行っていたガロ(学生
街の喫茶店が売れた3人組)の前座に、アリスが出てて「なんちゅう
うまい奴らやっ!」てびっくりした記憶があった・・
 「よっしゃ!この歌をやろ!」「そりゃよかばい!」ということで、
毎週日曜日に、学校の校舎に入り込み、コーヒーメーカー持参で、学
校の電気を無断で使用しながら(いわゆる盗電っていうやつやな。
・・良い子のみんなは真似しちゃダメだよ!)、当時3万円くらいの
モーリスのギターでジャカジャカと「誰も知らない花のように 貴方
のために生まれた 私」と、何度も何度を練習を重ねてるうちに、
どこからか人が集まってくるようになってきて、練習が今でいうスト
リートライブのような感じになってました。
 初めてステージで歌ったのが学園祭で、アリスの曲ばっかりで出演
しました
「明日への讃歌」「誰もいない」「チャンピオン」やったかな・・

なんだかんだやってるうちに、「オリジナル作って歌わへんけ?」
「そりゃよかばい!」ということになり、自分達で歌を作ることにな
って行くのである。
 歌詞を授業中に書いて、そのあとギターでコードを弾きながら
メロディーを作っていくという、非常にシンプルな作り方で・・・

~風に向かって吼えながら タテガミなびかせ走るレオ
 夢を追う胸の熱さはなんだろう・・・~
「レオのテーマ」より

TO BE CONTINUE                  Hiro

ひとりひとりの持ち味…

 自分達のブログを見て、自分でびっくりして、どーよ
伝説のレオの写真がアップされてて思わず、「あら~かわいい!」
リーダーにもこんな時代があったんですね~。三輪山の保存会時代のアフロの写真は見たことがありましたが、レオ時代のを見たの初めて!タカさん、コメントありがとうございます。ひろちゃんの相手をひとりでしてたなんて、ほんとにお気の毒!さぞかし大変だったことでしょう。でも、レオ時代では、ひろちゃんの声にあわすように、がんばって声を出していた、とも聞いています。
 とにかくこの二人の歌は、すごいです!アリスに勝るとも劣らない、ど迫力!機会があれば、ぜひ亀岡で歌って欲しいなぁタカさん!待ってますよ!!
 それからワンスは個性豊かなメンバーが集まっています。アイドルをめざしてたあゆみちゃん、若い時から人前で歌っていたリーダー、プロ同然のギタリスト西村さん、ハモリが好きな私。それぞれが持ち味を出し合ってワンスが成り立っていると思います。豪華客船といくかはわかりませんが、どこまで行けるのか、頑張りまっつ!
 管理人の克ちゃん、いつも盛りだくさんの工夫をこらしていただいて、ありがとネ

Photo UP

管理人です。
『原点 ~レオ結成~』の記事に、写真を追加
アップ致しました。

管理人リクエストでした。

イメージ

あゆみちゃんの書き込みに「強く願えば夢はかなう・・」
ってありましたが、本当にそう思います。
僕もいつも何かをする時に、必ず成功するイメージを、
強く持ちます。

ライブもそう!いつも、まずこの歌をオープニングでかまして
、次はこの歌で聴いてる人の心をひきつけて・・このあたりで
こんなこと喋って、その後でこの歌を歌って・・ここで、聴いてる
人をうっとりと聞きほれさせて、そして拍手をいっぱいもらって、
次にこの歌で盛り上げて、エンディングはこんな感じで・・
ってな感じで、先にステージのイメージを作りあげてしまいます。
中には、全然会場に行ってみるまでどんなところかわからない
ケースも多々ありますが、それでも会場をイメージして練習します。
不思議なことに、練習してるとその時の光景が見えてくるんです。
あとはそのイメージにあてはめるようにステージを楽しんでいきます。

でも、なかなかそのイメージ通りにいかない時もあります。そんな
時には、もっともっと練習しなければ・・と、思います。
イメージ通りにいった時や、イメージ以上に盛り上がった時の
感激は、またひとしおです。聴いていただいてる人の幸せそうな
顔をいつもイメージしてるんで、ワンスのライブを見に来られる方は
、満面の笑顔を用意して来てください!

ところで、ねえさんの「最初は無理矢理やったけど・・」とか、
コメントのタカの「ヒロちゃんの強引さに、あるいは疲れるかも・・」
ってあったけど、誉めるんやったらちゃんと誉めてよ!・・微妙に
批判されてる感があるやん・・ってか、批判
あゆみちゃん、こっそり「私だけは若いです」的なアピールすなっ

                                Hiro


夢が叶った…?

お久しぶりちょいとオサボリしてました
けど、毎日メンバーの書き込みはチェックしてたよ

んで、思ったんだけど…
みんなが弾いてた高校生の頃って…
あゆみはまだ小学生だった
知らない言葉や人物が登場してたような…
ジェネーレーションギャップだよ

私が小学生の頃は、歌謡曲の全盛期
毎日のように歌番組があったような…
百恵ちゃん淳子ちゃん、キャンデーズにピンクレディ
憧れて、まねっこしてた

「スター誕生」って番組あったのを覚えてる
中学生になったら出場して、スカウトされて…
アイドルになる予定だったの
なのに…終わっちゃったのよねぇ



1979頃のTV歌番(その1)

1979頃のTV歌番(その2)

あゆみのアイドルへの夢は絶えてしまった

ピンクのフリフリワンピース来て、テレビの中で歌いたかったんだ

でも…最近のあゆみは、ステージで歌って一杯拍手もらってる
ようやく夢がかなったんかな
強く願うと、やっぱ夢は叶うのかな

さすがにピンクのフリフリはもう無理だけどね

あゆみでした
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。