Once More Please ギター弾きの独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギター弾きの独り言

随分とご無沙汰でございますホンマに何しとったんやと(ただの面倒くさがりでございます)そんなとこで今回は中国や韓国等で生産されたギターについて語ってみたいと思います。最近のギターメーカーの比較的安価な物は、その殆んどが中国や韓国又は東南アジア製である。しかしながらこれがまた、なかなか良い物が多くなって来ております。ホンマにこれが5万~10万円?てなギターが沢山有ります。仕上げも音の方も中々のもんです。この間買ったアコギも某、国内有名ブランドの物ですが、なんとインドネシア製である。しかしながら中々良い音で弾き易くグッドでありますまたその前に買ったエレキですが、こちらの方はメキシコ製ですが、これまたスゴイエエ感じです。てな具合に最近のギターは廉価であっても探せばかなり良い物が見つかりますよ。一度皆さま方も楽器屋さんで試して見て下さい。ホナまたね
スポンサーサイト

ギター弾きの独り言Part5

Part4より続く。

皆々様お久しぶりでございます
なにぶん文章ベタなものでスンマセン

それでは今回は俺の高校時代の事について書いて見ます。
実は俺は中学からサッカーをやってまして、高校に入った
時も迷わすサッカー部に入りました。勿論ずっとギターは
練習してましたが、高校1年の終わり頃、サッカーを続け
るかバンドをやるかで悩み、結果バンドをやると言う事で
サッカーをやめました。

それからが俺のバンド人生の始まりで、ブルースからオリ
ジナル、プログレまで色んな音楽をやりました。
ヘアスタイルや格好も段々それっぽくなり、「カーリーヘ
アー」に「ロンドンブーツ」と言う当時のハードロッカー
風になり、よく木屋町あたりのロック喫茶に入り浸ってま
した。

nishimura

その頃のバント名は「ブラックホール」と言うプログレ風
のバンドでホームグランドは乙訓あたりで、地元のイベン
トなんかにも出たりしてました。演奏は今から考えたらヘ
タやったなーと思いますが、バンドの練習場所なんかもあ
ってけっこう本格的やったなと思います。

そんな感じでやってたんですが、高校3年の初め、ある日
メンバーの1人が(リーダー)東京へ行かへんかと言う話
になり、皆んなその気になり色んな計画を立ち初めました。

その後はPart6に続く。

ギター弾きの独り言Part4

Part3から続く。

エリック、クラプトンを聞きながらこの人は何を聞いてあんな
ギターが弾ける様になったんだろうと考え、色々と調べてると、
ブルースと言うキーワードが出てきた。

ブルースと言う音楽はアメリカの黒人の音楽であり、今のロッ
クの原点になった音楽である。(詳細に関しては省略)
ここから俺のブルースギターのルーツ探索が始まる事になる。
BBキングを初め様々なブルースギターを聞いていた高校1年
の頃である。

その頃の友人がある日1枚のシングル盤のレコードをくれた。
早速家で聴いてみた。ターンテーブルに針を落とすと衝撃的な
ギターのイントロ、ほんまにブッ飛んでしまった。

jimihen-002

jimihen-001

その人の名前はジミ・ヘンドリックス。
一発で虜になってしまった。曲名はA面はあのチャック・ベリ
ーのジョニーBグッド。B面はクラプトンもカバーしたリトル
ウィングだ。それもライブだ。
今まで聴いた中でほんまに一番の衝撃的な出来事であった。

Part5に続く。

※続きを見るに・・・Jimi Hendrixの記事あります。

続きを読む »

ギター弾きの独り言-Part3

先日は拾得のフェイク、ファーwithチャーリー、コーセイのライブに
沢山ご来場頂き、誠に有り難うございました感謝、感謝です
まだまだこれからも体力が続く限りどのバンドも頑張って行きま
すので、今後とも宜しくお願い致します

さてPart2からの続きですが、あのエリック・クラプトンの事ですが、
当時(35年前)日本では今のようには人気なく(当時はレッド・ツェッ
ペリンやディープ、パープルの方がかなり人気があった)

また当時はクラプトンはジャンキーの隠頓生活状態だった。
俺が初めて買ったクラプトンのレコードがライブ・クリームVOL2と言
うアルバムで(いまだにこのアルバムこそがクラプトンの最高のギタ
ープレーが聞けると思っております)

ライブクリーム2

次に買ったのがクラプトンが隠頓生活から抜け出すきっかけになった
レインボーコンサートと言うアルバム。
このアルバムは世間での評価は良くないらしいが、俺は何か哀愁が
有り、何か切なくクラプトンのギターが歌っているような気がして好き
なアルバムである。

レインボー

この2枚のアルバムこそが今の俺のリードプレイ
(アドリブ)の原点であります。

Part4に続く。

おまけ・・・・・CREAM LIVE(WHITE ROOM)

ギターを始めた頃Part2

Part1より続く。
中学3年の初め頃...グレコと言うブランドのエレキギターで
フェンダーテレキャスターのコピーモデルを買った。
確か当時3万円位だったと思う。そのギターには当時今は
亡きギタリスト、成毛 滋のロックギターと言うカセットテープ
がおまけに付いていた。このカセットテープにはかなりお世
話になった。当時にしてみれば画期的な物だったと思う。

 ほぼ今の俺のルーツはここに有ると言っても過言ではな
いと思う。チョーキングの仕方、ビブラートの掛け方、アドリ
ブの仕方等々、ほんまお世話になりました。
 そんな頃ビートルズのジョージの曲、ホワイルマイギタージ
ェントリーウィープスと言う曲を聞いてそのギターソロが好きで
よくコピーにトライしてる時に物凄くそのカセットテープが役に
立った。
 でも何かその曲のギターソロってほんまにジョージが弾いて
るんかなと言う疑問があり、色々調べてみたら何とそこであの
エリッククラプトンと言う名前が出て来た。

ギター弾きの独り言。Part3に続く
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。