Once More Please SATOCO

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ!日本!

ほん…とに、ご無沙汰しました
忙しいながらも、何とか元気です。
 先日からワンスは練習を再開しましたが、ブランクがあったにもかかわらず、
みんなよく歌詞やコードを覚えていましたネェ(私はいつもシレッと楽譜を見
ていますが…
 久しぶりに手当たりしだいに歌った中で、一番心にしみたのが「君と手を取り
あおう」でした。
今、被災地でがんばっている人たちを想うと、歌いながら涙が止まりませんでした。

 ―君と手を取りあおう―
 1.淡い光もとめ そっと 目をあけるひな鳥のように
  いつか 真実と出会い ともに喜びあえる
  かたい土をおしわけて 芽ばえるふた葉のように
  いつか微笑みとであい ともに励ましあえる
   たとえ希望の扉閉ざされても きっと叶えられる
   ぼくらはこの世に尊い命を 与えられたのだから
  春の陽射しあびて よりそう花たちも
  夏の空たかく   とぶ鳥たちも
  心のおもうまま  自分を信じるまま
  命あるかぎり   夢見続ける
   今飛び立つんだ はてしない空のむこう
   さあ勇気をだして 君と手を取りあおう
 
 2.誰も気づくこともない 小さな悲しみさえも
  いつか やさしさと出会い きっとわかりあえる
  君と出会えたことは  運命と信じているよ
  ほら目をみてごらん  そこには愛があるさ
   たとえ信じることにうらぎられても きっと力になる
   ぼくらはこの世に尊い命を 与えられたのだから
  秋の北風に 舞い落ちる枯葉 
  冬の厳しさに たえる森たちも
  流れにさからわず すべてを受け入れて 
  許しあえる日が 来ると信じて
   今飛び立つんだ はるかな光めざして
   さあ勇気を出して 君と手を取りあおう 君と手を取りあおう

DSCF0514.jpg


この歌は10年前に作られて10年もの間歌い続けています。
この歌を本番で泣かずにちゃんと歌えるのかなぁ…心配です。でもがんばります。
この気持ちが被災地のみなさんに届きますように…
日本!がんばれ!!
さとこ

東日本大震災で犠牲になられた多くの方のご冥福を心よりお祈りすると
ともに、被災されている方々が日々好転し、一日も早く復興されることを
Once More Pleaseメンバー一同、心より願っております。
スポンサーサイト

夏祭り…

昨日は、安町の夏祭りのステージで歌わせていただき、ありがとうございました

DSCF0401_20100801182745.jpg


なんとまぁ!参加者のみなさんの大勢なこと!焼きそばあり、イカ焼きあり、ビールあり、抽選などなど、すごく賑やかで、楽しいひとときでした。ステージでは、ワンスのほかに、ファイヤーダンスがあり、ハワイにでも来たような気分になりました
 安町のスタッフのみなさん、準備から何から、本当にお疲れさまでした。子どもたちも家族といっしょに、とても嬉しそうで、夏祭りを満喫しているようでした。
 そのようすを見て私も、子育て真っ最中のころを思い出しました。子どもが小さい頃は、目が離せなくて、手がかかり、起きてから寝させるまで、ホントに大変です。でも、その大変な時期が一番かわいい時なんですよね。
 最近では毎日のように、「子どもを虐待…。子どもを放置…」といった信じられないニュースが流れます。
大本では「人は神の子、神の宮」といいます。子宝と言う言葉はよく耳にすると思いますが、人間は、神さまから
授かったもので、産んだからといって決して自分の所有物ではありません。神さまから授かった大切な命なんです。子育てが嫌になったからって、好きにしてよいなんて、もってのほかです!
 どうか子育て真っ最中の皆さん!「叱るときにはよくわかるように納得させて叱る」また「子どもは、褒めて育てよ」ともいいます。自分の時間も見つけつつ、すくすくと素直な良い子に育ちますよう頑張ってください。そして、悩んだ時や壁にぶつかった時は、おばあちゃんやおじいちゃん、またはご近所のおばちゃんに、聞きましょう!きっと快く教えてくれますヨ
 ワンスにも、おじちゃん、おばちゃんがよ~けいますから、いつでも遊びに来てね!

DSCF0396.jpg

                                                                     さとこ

お残しは、ゆるしまへんで~!

 おひさしぶ~り~ネ~、あなたに会うなんて~って小柳ルミ子さんのマネをしている場合ではないですよね
ほんとにご無沙汰です。夏かぜをひいてしまいました。でももう大丈夫元気になりました。
みなさんも、お気をつけてくださいネ
さて、今日発行のくすのき瓦版の、トップ記事に「城下町の趣を守る…」の記事がありました。うちのリーダー頑張ってます昔は本町でピンポンダッシュをしたり、かずかずのいたずらをして、悪ガキだった彼がすることとは…とても信じられませんネこれからも、町のために頑張ってください。
 その記事のさらに下には、亀岡保育園の理事長、出口眞人さんが、有難い・もったいないを…の記事を書かれていました。
その中に、「園児が給食の前に三首のお歌を唱和する…」というのがありました。
三首のお歌っていうのは、「天の恩 土の恵に生まれたる 菜の葉一枚 無駄に捨てまじ」
                「一粒の 米の中にも三体の 神いますことを 夢な忘れそ」
                「火のご恩 水のお恵み 土の恩 これが天地の 神のみ姿」です。
少ない言葉中にも、重くて深い意味がこめられています。
私は、以前に園児の話を理事長さんから直にお聞きしました。
園児たちは、このお歌を覚えて唱和するようになってから、残菜が激減したといいます。
すんごいですネ~
私たち大人も見習いたいですね。暑いからって、食欲がないからって、「お残しは、いけまへんで~
しっかり食べて、夏バテしないように、気をつけましょうネ

さとこ


福は内、鬼も内

今日は節分。「鬼は~外、福は~内」と言って豆まきをするのが一般的ですが、大本では鬼は世の中をしっかり戒めて治める役割をする神様と考えて「福は内、鬼も内」と言って豆まきをします。豆まきだけに豆知識でした
それに、家庭には恐い人が一人いてくれた方が円満にいくような気がします(うちの場合、鬼の役は私かなぁ)
世の中にも悪いことを戒めて正しい道へと導いてくれる人は必要ですよね
今年も無事に節分も終わりました誰かが「難が有るのは有難い」と言ってましたが、苦労するほど大きくなれるってことですかね今年も大難が小難に、小難が無難になりますように、そして皆さまに幸せが訪れますように
さとこ

紅葉ライトアップ!

 紅葉がきれいな季節になりましたネ
あゆみちゃんが紅葉を見に行きたいってことですが、遠くへでかけるのもいいですが、近場でも紅葉が楽しめますヨ!
 今年、初めて大本で紅葉のライトアップをすることになりました。ただ今、真っ盛りです!お友達をお誘いあわせの上、ぜひお越しくださいナ
  日  ; 11月15日(日)~23日(祝・月)
  時間 ; 午後6時~9時まで
  場所 ;大本本部 苑内
きれいな紅葉を見て、いい空気に触れ、優しい気持ちになれて…そして、いい曲ができるといいいなぁ 

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。